夜更かしが続くと瞬く間に肌に影響が出てしまう

自分は美容と健康のために、きちんとした生活をするように気を付けています。
夜更かしだけはしないように気をつけています。
わたしの場合、夜更かしが続くと瞬く間に肌に影響が出てしまうのです。

肌の老化を防ぐためにも、夜22時には眠るように気を付けています。
せめて実際の歳よりも老けて見られたくはありません。
私自身は若い頃からお肌の問題が多くあり、いつも健康な肌の状態とは言えないのだと思います。

でも、前向きに取り組めば肌の状態を整えられると思いました。
思えば、お肌が荒れるキッカケというのは私自身の日課だと感じました。
夜遅くになるのは当然のことで、また毎日のように寝不足の時期があったのです。

加えて、インスタント食品やスナック菓子などを多く食べていた時期もありました。
このような生活をずっとしていたら、お肌が荒れるのは当たり前だと思いました。

ですので、今現在ではそういった生活習慣を反省しつつ、お肌の為になる生活をしようと思ったのです。
一番は夜更かしや睡眠不足をしないように気をつけています。

女ならば誰だって美しいに超したことはないと思っているはずです。
近ごろは男の人だって「美」を求めていてエステに通ったりスキンケア用品にこだわったり・・・。

美容室だって4、5週間おきに行く男の人もたくさんいます。
もう切るところないんじゃない?と不思議に感じるほど坊主に近い男の子が頻繁に美容室に向うなんて話を聞くとなんて美容意識が高いんだろうと感服してしまいます。
ヘアカラーをしている男の人もよく見掛けるようになりました。

自分は爪先を楽しむ美容が好きです。
お化粧も不可欠ですが、自分の目で施した化粧はいつでも目に入るものではありません。
ときどき口紅の色さえ「どれだったかしら?」なんて事もあったり。

しかし指先なら常に眺めることができます。
この「視界に入るところ」というのがポイント。
美しい手先を眺めるたびに心が躍ります。

そして、お次は何色のマニキュアにしようかなとかますますウキウキしたり・・・。
そのようなさりげない時間が女子の「美」を高めてくれるのかも知れません。

蒸し器に濡れたタオルを入れいっぱい蒸しておいて、蒸しタオルを1日1回顔や肩、背中にのせて部分的に温めています。
蒸しすぎてしまうと火傷する恐れがあるので、丁度いい温度に冷ましてから使用するのですが、いつも続けて温めるだけで少しずつ血流が良くなっていくような感じがしています。

沢山ウォーキングをした日にはふくらはぎにも使って温めてあげると、翌朝にはちゃんと回復してくれます。
あと、特に嬉しく思うのは、お顔の毛穴のつまりがとれてすっきり綺麗になってくれます。
蒸しタオルを当てる事で毛穴の詰まりがちょっとずつキレイになっていくので、肌本来の自然な透明感が増えるような気がします。

ファンデーションをうすくのばすだけで綺麗に仕上がるようになったので、なんだか節約まで出来てしまっている感じがしています。
角栓などの汚れをとるためにフェイスパックを使ったりするのであれば、蒸しタオルを使ってキレイにする方が刺激を与えることがないのでお肌のためにも良いかもしれません!

多分女性の多くは特に気を使うような事はないのではと思うのですが、自分は顔に近い部分の、あご・首・肩の美容にも気を付けるようにしています。
私の実感としては、顏だけは美容を怠らないメイクノリの良い、若く見える人は、世間では結構いるように思えます。

しかし、気づいていない箇所があると思います。
その部分は首筋です。

当人は全然気づいていないと思いますが、顏とアゴの下から肩にかけての色がまったく違う人って何度も見かけたことがあります。
何となく違和感がありませんか?このような経験から自分自身は首筋には年齢を感じさせないよう、メイクをする時にぼやかすようにしたりします。

それに、保湿と紫外線のケアは襟ぐりなど肌が表に出る部分にも行うようにしています。
首のシワって意外と老けてみえるなぁ、なんて人の首を見るたびに感じます。
流石に歳をとっていけばシワが無くてキレイというのは無理でしょうから、そうなったときは首筋を隠せるようなスカーフをオシャレに使いごまかす努力が不可欠だと思っています。

普段から睡眠時間をキープする努力も必要

一般的なことですが、やっぱり睡眠は大切です。
美容はまず第一に健康なことも大事で、その為には普段から睡眠時間をキープしなければなりません。

十分な睡眠をとるということは、疲労をリカバリーする為にも大切な休息時間です。
そんな重要な眠りを、暗いところで湿度に気を使いしっかりと眠る事は、朝のお肌の状態に関係してくるのです。
良質の睡眠をとった朝のお肌はお化粧ののりも抜群で、クマが出来る事はないです。

しかし、寝てはいるものの熟睡出来ずに目が覚めたり寝る直前までスマートフォンを見たりしてその刺激でなかなか眠りにつけなかったりすると、凄く疲れたような顔になってしまうのです。
就寝する時は、深い眠りに入れる状況を作ります。
枕の高さも、ちょうど良ければ寝つきも違ってくるし首にシワが作られにくいと思います。

こだわらないと、前日の疲労を次の日に持ち越してしまうので美容にとっては良くありません。
しっかりと眠ることはストレスを解消する事にもなるので、美容に良くないストレスを乗り越えるためにも、睡眠を軽く見てはいけませんよね。

近頃健康のためになることをしています。
仕事量を少しだけ調整してまさに今やるべきである健康のためになることをしています。
個人で在宅での仕事をしているので、気をつけていないと昼夜問わず働き続けてしまうことがあって健康状態にもその影響が出ることがありました。
キリのいい所で仕事とプライベートのけじめをつけないといけないですよね・・・。

けれども在宅で働いていると、それにずっと一人で仕事をしていると常に仕事のことが頭にあるのです。
仕事の事しか頭にないような生活を送っていました。
朝起きたときから仕事の事が頭をよぎり夜布団に入っても仕事ばかり気になっている…。

自宅が職場の人たちはたぶんわたしと同様に仕事とプライベートの切替で悩むのでしょうね。
早く切換えをしなければ体調不良になりそうだったので思い切って仕事に充てる時間を短縮しました。

心配になることもありますが新たにできた時間にストレッチをしたり丁寧に洗顔したり美容室に行ってみたり…。
自分自身のために良い時間の使い方をしています。

私が全身美容で特別気に掛けているのは、日焼け予防です。
仕事柄、歩き回ってばっかりいるのでとても神経を使っています。
外へ出る際は忘れずに帽子をかぶり、日やけ防止剤を塗りのばし、さらに日よけ手袋を着用します。
発汗すると、UVカットのクリームが流れてしまったりするので、ちょくちょくぬりつけるようにしています。

しかも、僅かにでも日焼け感がある場合には、お風呂から出たらホワイトニング化粧水やビタミンC誘導体の入っている化粧水を使用するようにしています。
あと、紫外線はお肌以外にも、ダメージヘアの原因にもなり、現在は日焼けよりもバサバサの毛髪のほうが気掛かりです。

なるべく髪の毛のアイロンとかは用いないようにしたり、おふろ場で洗い流すトリートメントをしたり、髪を乾かす際も髪美容液を馴染ませてヘアケアをしていますが、なかなか良くなる気配はありません。
オイル系やスプレー式など、色々な美容液を使用しながら良い物を見付けようと思っています。

私は美容のために、脂質の多いものを食べないようにしています。
普段の料理に油を使ったりするので、一切摂取しないというわけにはいきませんし、そこまでしなくてもいいと思っています。
けれどから揚げなど、油をたくさん使って作るおかずは、少なくしていこうと思っています。
脂っこいものにかぎらず、食生活を少しずつ変えていっています。

水はできるだけミネラル水、野菜は有機野菜を使うようにしています。
有機食品というのはちょっと高めですから、本当に少しずつですが・・。

マクロビオティックなども試してみたいのですが、あまりにも完璧な食生活にしてしまうと続けられないだろうと思うので、毎日の暮らしの中で楽にできる事をしたいと思っています。

炊事は不得意で自分では揚げ物を作れないので、将来的にも作らないと思います。
大好きな鶏のから揚げはそんなに食べないようにします。

食べたものをリストにして調整しています。
それ以外でも、改めなくてはならないところはあるので、少しづつ実行したいです。

自分が美容のために心掛けているのは睡眠です。
もともと子供のころからよく寝る子供で、中2までは8時に寝ていた私(ホントなんです。
中学校3年生にになって21時からのラジオを聞くようになり、夜更かしするようになったのです)。

今現在でも極力たっぷりと八時間は眠るようにしています。
睡眠不足だった場合まず肌に影響がでてしまいます。
クマがでやすい体質なので、睡眠が不足すると下のまぶたがまっ黒くなり、「疲れ気味?」なんて聞かれたりします。

また、吹出物もできてしまい、ファンデーションののりが悪くなります。
すると気持ちが悪くなってきて…と悪循環なので、なるべく質の良い眠りをするように気を使っています。

一番に効果があるのは体を動かす事です。
いま一週間に三日程度スポーツジムに通っていてしっかりと汗を流しています。

それと、暇がある時は入浴剤の入った浴槽にゆっくりしっかり浸かっています。
からだを芯からしっかるとあたためると、ぐっすりと眠れてすっきりと目覚めることができます。

良い姿勢をとり続けるのは意外と大変

少し前から美容に関して心がけている事は、良い姿勢をとることです。
正しい姿勢でいると腰痛、ダイエットなど色々な効果があるというのを聞いたことがあると思います。

また、体力がつき疲れにくくなるみたいです。
私自身の姿勢は良くないです。
けれども、私の中ではきれいな姿勢をしていると思っているところがまたやばいです。
鏡に映った自分を見てびっくりします。

それから鏡を見ていい姿勢をとってみても、腰が曲がっているように見えます。
どうしてなのでしょう?

基本的な良い姿勢というのが分からなくなります。
姿勢のせいなのか食生活のせいかのか不明ですが、腰痛もひどいし、お腹は出ているし、疲れもすぐに出てくるので少し歩くだけですぐにくたくたです。
まあお腹は何か物心ついたころから出てるんですけど。

でも、こんなわたくしなのですが小まめに鏡を見て自分の姿勢をチェックしています。
柱に体をくっつけて姿勢を確認してみたり。
先ほども書いたのですが良い姿勢というのがどの姿勢なのかよくわからないので、いままでの姿勢を治したいと思っています。
なにかいい効果が出てきたらまた書きたいと思っています。

昔からひどい便秘症なのですが、それのせいもあり歳をとると共に肌もくすんで、濁った感じで老けた肌に見えると思います。
結局のところいくら肌の表面に高価な化粧水とかを毎日塗り続けても身体の中を整えなくては効果が出ることはないと思うので、朝食に青汁と酵素の粉末をミルクに混ぜて飲むようにしています。

便秘解消には良いと思います。
飲み出してすぐには効き目は見られないものの毎朝続けていくことで冷たい牛乳で腸が目覚め、次第にお通じがよくなっていくのを感じます。
きなこの粉末を更に混ぜるときもあります。

お肌の調子は…というと、便秘が解消されるにつれ口の周りによくできていたプツプツができなくなりました。
また化粧のノリが以前よりも良くなった気がします。
感動的な変化は感じられないけど体の中から次第に浄化されている感じです。

それが精神的にも暗示にかかっているようにメリットとなって現れてきている感じです。
あとは肌のくすみを改善したいので鎖骨周辺のマッサージをしてリンパの流れが悪くならないように注意しています。

大学に入ってから、ファンデーションやマスカラを使って大人の化粧をするようになったので、ばっちりメイクをしたからには、メイクを落とすときもしっかりやらなきゃいけないと気をつけています。
授業が終わって帰宅して、その後また外に出る予定がない時はすぐさま化粧を洗い流します。

メイク落としも、オイルの場合必要な皮脂まで失われてさらにお肌に負担をかけるので、少しでもお肌にやさしくて化粧もきちんと取り除くことができるウォータータイプを使って落としています。
擦らなくても落とせるのでお肌へのストレスが少ないです。

化粧を取り除いた後は、きちんと肌の保湿をするためにわたくしはパックします。
安いローションをコットンパフにたっぷりと含ませて、顔の隅々まで覆って3分間おきます。
3分以上は、却って肌の水分を吸収されてしまうので3分以上置きません。

化粧水パックをしたら、保湿クリームを塗って潤いを封じ込めることで次の日の朝のお肌の状態が良くて、メイクの付きもよくなります。
普段からお肌を焼かないようにUVケアもしっかりすることで、シミなども出来ないようにしています。

日常的に用いる基礎的な化粧品やメイク用品に気を遣う事も大事ですが、身体の中を綺麗にしないといけないと考えています。
便秘症で困っている方はかなりいるようです。
便通が悪くて何日か便通がないと、下っ腹がポッコリしてくるし、体内のいらない物質が溜まって肌がくすんだり、調子が悪くなる気がします。

それで腸内環境を整える為に少しばかり実践していることがあります。

一つ目は夜ごはんがすんだら「温かいヨーグルト」を食しています。
100グラム程度をお皿に盛り、500ワットのレンジでチンするだけです。
ホットヨーグルトにするとビフィズス菌増加作用があり、整腸にとてもいいのです。
夜に食すというのも大切な事なんです。

二つ目は、入浴時にお腹全体を手で回すようになぞります。
これで腸を刺激します。
寝起きに150~200ccくらいの水を一度に飲むのもいいそうですよ。

それでも難しい時は、オリーブオイル納豆を食します。
これは本当に効きます。

納豆のタレを入れる前に「オリーブオイル」を少々投入してぐるぐる。
そうしてから醤油などをいれて、後はいただくだけです。
すごく簡単ですし、おススメですよ。

心も体も安らいだ状態で寝る事がポイント

肌状態は、どのくらい快眠出来ているかで違ってきます。
ですがただ寝ればOKってことではないのです。

眠りの質が悪いと、くすみやニキビのような皮膚トラブルを招きやすくなります。
快眠を得る為にはとにかく、心も体も安らいだ状態で寝る事がポイントになります。

最初に心身ともにリラックスした状態にするには、交感神経を鎮め、副交感神経を上げないといけません。
わたしがリラックスした状態にするために実行していることは、まず時間を掛けてお湯につかる事です。

この時お風呂が高めの湯温だと交感神経が優位になってしまうので、40℃以下の温度設定にしています。
それとお風呂から出た後は、適度な柔軟ストレッチを行い、より身体をリラックスした状態にするようにします。
精神を落ち着かせるためには、照明を暗くしたり、アロマを楽しんだりします。

そういった方法で睡眠の質を高めるようにしたら、スキンコンディションが良くなりました。
心と体の緊張をほぐして寝ないと、寝つきが悪かったり、熟睡できなかったりするので、眠りの質が悪くなってしまいます。
お肌の荒れを感じたときに、スキンケア用品に頼る美肌術を試みることも大切ですが、やっぱり眠りの質を気をつけることも重要です。

美容って何?って考えたら、肌荒れの問題がはじめに思い浮かびました。
わたしは、便秘症で、体内の老廃物を出せていない事が原因だと思いました。
まず取り組んだ事は、一般的に言われていることなのですが、食物繊維をたくさん摂ることです。

そして、食生活を改善させるだけでなく、他のやり方もないかと探してみたら、体が歪むと腸の動きも悪くなり、便秘になってしまうと知りました。
体の歪みをよくしてもらうには整体院です。
近所の整体院を調べてみたのですが、治療するのが男性だったり、一番に私自身は極度のくすぐったがりなので、なかなか相性の良いところが見つからなかったのです。

なので友達から教えてもらった、女の先生にしてもらえる整体院に行くことにしたのです。
無理に揉みほぐしたり、そんなにくすぐったい感じもなく、さらにセルフでのケアの方法まで教えて下さる、優しい人です。
美容に効果的だからと始めた事が発端ですが、結果は体調も良くなったので、大満足です。
自身の経験で思ったのは、美容というのは体の中から健康になることだと感じたのです。

美容のために行っている事は普段からきちんとした毎日を送ることです。
早寝早起きはもちろんのこと、外でのお食事とかお惣菜などは、なるべく摂取しないようにして野菜中心の健康的なご飯を自炊することにしています。

朝のご飯は複数の野菜やくだものを小さめに切りミキサーで作ったスムージーを飲むのも忘れません。
カルシウムやビタミンなどもたくさん含まれているし、同時に酵素も摂れるので飲むとキレイなお肌が手に入ります。
このヘルシースムージーを飲みだしてから、長い間悩んでいた便秘も解消されました。

他にも人の体というのはほぼ水分でできているので、一日に一リットル以上の水分を摂取して老廃物を排出させるようにしています。
水素水が良いと思います。
水素水は抗酸化作用が高くエイジングケアにも期待できるのです。

近ごろではネットやコンビニでも水素水が買えるようになったので、普通の水を飲むのなら極力水素水にしています。
日頃から「美」に配慮した生活に変えるだけでかなりの効果があると思います。

脇毛を脱毛したらワキ汗が流れやすくなってしまった

自分は小さい頃から汗をかきやすい体質です。
夏場などは「どうして貴方だけぐっしょりと濡れてるの?」なんて先生に言われるくらい汗にまみれていました。

わきの汗が物凄いので、中学になったくらいの頃は嫌味を言われていました。
吹奏楽でコルネットを吹いていたので、合奏するときには傍にいる人はかなりクサかったと思います。
その頃はデオドラントスプレーなんてしていなかったので、今思うと部活の友達に申し訳なかったです。

今でもわきの発汗が凄いため、仕事で焦るとニオイが出るみたいで仕事仲間に悟られる事もあり最悪でした。
電車に乗る時もわき汗が気になって、吊り革につかまる事ができません。
制汗スプレー以外にも塗るタイプの制汗剤も使いましたが、効き目は今一だったのです。

脇毛を脱毛したらワキ汗が少なくなるかもと思いやってみたのですけど、臭いの方は何とかなったのですが、毛が汗を吸収しないので、下に流れていくので気持ち悪かったです。
私のこの体質自体を治す方法はないかと只今模索中です。

私が持っている汗の悩みは、「寝汗」なのです。
夜寝ているときに、たくさん汗が出てきます。
就寝前に入浴して、体を綺麗にしているのですが、起床時かならず母に「汗臭い」と言われます。

自分で自分のニオイがわかるぐらいの臭いです。
ですので、布団から出てスグにシャワーを浴びて、体を洗い流してから出かけるようにしています。

私の記憶では、高校生の時まではニオイなんてなかったと思います。
ハタチになったくらいから、体質がかわったのか、朝起きると汗臭くなっていました。
遺伝も考えたのですが、家族にはそうした事は全くなくて、自分だけ汗くさいみたいなのです。

このお陰で、彼とのお泊り旅行も気が気ではありません。
朝カレシよりも先に起き、体をキレイに洗いにおわないようにしているのです。
朝はなかなか起きられないので、早起きするのは大変です。

現時点ではカレシよりも先に起きれていますが、寝過ごしてしまったときの事は想像したくありません。
寝起きにシャワーを浴びる事も稀に面倒だと感じるので、寝汗をかかないようにしたいです。

金曜日は待望のお酒を飲んでもいい日。
月~金はこども達の面倒を見なきゃいけないし、仕事に遅れるわけにもいかないから、週末の夜子供たちが寝静まった後、撮り貯めておいたテレビを見ながらアルコールを飲むことが、週末の日課。

でも、すこし前の土曜の朝に、『ママ~』と寄ってきた子供に『口クサイね』と言われてへこみまくりの翌朝。
寝る前に口臭の予防対策をしても、歯磨きやうがいをしても臭いがするらしい。
何故だろう。

年が上がったことでアルコールの代謝機能が低下したのかな?月~金は私の方が先に起きてるから知らないんだけど、いつも臭っているのかな?シングルだから旦那もいないし、人に聞くのもムリ。
母親に聞いたり、友人に匂ってもらうわけにもいかないし・・・。

前にテレビの宣伝で『おじいちゃん、お口クサイ~』というのを見たけど、私もそうなのかな?とすごく心配しています。
そんな私の事を見て、子供はニヤッとして、ひょっとして冗談なの?って思ったけど、実際の所どうなんだろう?
口臭レベルチェッカーを買おうかホンキで悩む。

本当の事がわかるまではカレシすらできない!ってそんなこと気にする前に何とかしないと。
臭いって本当に気になる!

とある暑い日の通勤に使っている電車で本当に辛くって一度下車して、隣の車両に移動したことがありました。
後ろにいた会社勤めらしき人がたぶん「わきが症」だったのです。
目にしみるニオイというのは、今まで嗅いだことがありませんでした。

乗車率は120パーセントはあろうかという、通勤ラッシュタイムだったのですが、何気にその人のいる所は人が少ないような雰囲気もありました。
私が生きてきたなかで、わきが症の人は数名いたのですが、これまで会ったどの人よりも凄かったです。

外見はとにかく清潔感のある服装や髪形をして、美意識が高そうな男性だったので多分、自分の腋臭のことをご自分では把握していないだろうと言う事も気の毒だと思いました。
万が一、わたしの身内たちにあれほどすごい臭いを漂わせている人がいたら、異臭を感じてアドバイスする事が出来るのか、もしくは臭いがあるのが普通になってしまって一緒に生活している人も気づかないものなのかなどと考えはじめてしまいました。

肌が乾燥してしまう冬だけ保湿に注意するという人もいる

私は保湿に関していちばんに気を付けています。
いつも保湿をしている人もいるかと思います。
しかし、湿度が低く肌が乾燥してしまう冬だけ保湿に注意するという人もいるのではないでしょうか。
わたくしは夏でも冬場と同じように手間を惜しむ事無く保湿するようにしています。

なぜならばエアコンでの湿気が少なくなっているからです。
夏の時期はじんわりと汗をかくのでべたつきがちな人は多いと思いますが、いつもクーラーに当たっていた場合頬やおでこは乾燥してきます。
ですので、夏は頬などを中心に保湿します。

冬の時期は保湿をしっかりとしていないとしわの元になってしまうので、目じりやの口周りを重点的に保湿しています。
他にも年齢が進んでくると眉間やおでこのシワなどが出てくるのでその部分も重点的に行います。
手ももちろんクリームを塗って保湿するのですが、手首に関してもちゃんと同様に塗るようにしています。

寒い冬は足首にもクリームをぬります。
思ったよりも足首という場所も乾燥しているし、放っておくと足首にもしわを作ってしまいます。
とにかく乾燥をしてしわの元をつくらないように気遣っています。

食べる過ぎると内臓に負担がかかってしまいますし、カロリーを摂りすぎてしまう事になるため、しないようにしています。

多くの栄養を偏らないように摂るのは大切なことなのですが、たくさん食べてしまうと消化に時間がかかってしまい、肌荒れやむくみ、体重増加などの元になってしまう事もあるので、少しでもバランスよく栄養素を摂りたい場合は、少しずつ、沢山の種類の物を摂取するように、量とバランスに気をつかいます。

有機食品は、野菜は皮も食べる事ができるので料理に活かし、量も栄養も多く摂れるので、少しの量で満足感のあるメニューにすることができます。
採れたてで新鮮な野菜の本来の美味さも追及できるので、切って盛るだけのサラダにしたり、素揚げして塩で頂いたり、素材本来の味を楽しむ献立になります。

このような食材を使うときはスーパーで手に入れることも可能ですが、お気に入りのカフェへ出かけて食べたり、お持ち帰りのできるショップを利用したり、出来る範囲で取り入れるようにしています。

美肌の敵、紫外線。
夏場の外出時は言うまでもないですが、冬に家の中にいる時も、絶対に顔にはサンスクリーンをぬっています。
することがなくて、すっぴんで家でゴロゴロしているときも(普段はそんな事は少ないんですよ。)日焼け止めだけはしっかり塗るようにしています。

家の中にいても、紫外線は知らない間に浴びてしまっているのです。
窓の近くは時に危険なんです。
光をさえぎるカーテンを常時閉めたままにしておけば紫外線はかなり防ぐことが出来ますが、晴天で気持ちがいい時にカーテンを閉めて過ごすというのは、いかがなものでしょう。

だからわたくしはカーテンでの紫外線対策をあきらめて(笑)
日焼け止めを塗って対策しているのです。

紫外線を浴びすぎると、しみとかしわ、ソバカスなどのもとになるので、日焼けしないようにするのは美肌をキープするためには必要です。
夏の時期は、頻繁に日焼け止めを塗れるように、スプレー式の物を鞄の中に入れて持ち歩いています。

スプレーやパウダータイプの物は、ファンデの上から紫外線対策ができて手軽です。
わたくしはメイク直しの最後に、シュッとしています。
楽ちんです。

わたしが望んでいるのは自力で美しい肌を手に入れること

ニッポンのビューティーケア商品は肌や頭に実に特徴的な効果を持っています。
私自身はそのようないまどきの美容関連の品々を利用して美しさを手に入れることも問題はないと考えています。
ですが近頃は自然体にこだわって自分自身で美しくなるよう取り組んでいます。

「美容」ということで気を付けているのがあまり市販の商品に頼らないといこと。
まちがいなくこの様な製品を使用していると素肌も綺麗になって高齢になっても不安がありません。
わたしが望んでいるのは自力で美しい肌を手に入れることです。

その様な思いでスキンケアを行っているので店頭に並んでいる商品には過敏に反応をしちゃうかもです。
しかし自分の価値観で満たされるスキンケアならケア方法やその流れにも妥協しないことが大切です。

わたし自身はその点を心掛けてケアしているので肌の状態も改善していると思います。
現代はシンプルなお手入れ方法もゲットしやすいのでこのような考えでも実践しやすい感じですよね。

わたしは人間の本来の美しさを求めて「健康維持」することが根本であると思うのです。
そんな訳で「食事」や「運動」にも気を使って内側からの美しさを追及したいのです。
とにかく一般的なスキンケア商品を用いるさいにはナチュラルなことに注意しています。

最近健康のためになることをしています。
仕事量をちょっとだけ抑えて今こそやるべきである健康の為の時間を作るようにしています。
在宅ワークで働いているので、下手をしたら休まずに仕事を続けてしまうことがあって健康状態にもその影響が出ることがありました。
どこかで仕事と生活の区別をつけないといけないですよね・・・。

だけど自宅で仕事をしていると、それもたったひとりで仕事をしていると常に仕事のことが頭にあるのです。
仕事のことばかり考えている日々が続いていました。
朝起きた瞬間からその日の仕事が頭に浮かびベッドに入っても仕事のことが頭にある状態・・・。

家が仕事場になっている人はおそらく私のように仕事とプライベートの切替で悩んでしまうと思います。
すぐに切り換えるようにしないと体を壊しそうだと思ったので迷うことなく作業をする時間を短くしました。
多少の不安もありますが自由に使える時間には体を動かしたりフェイスパックをしたり美容室に行ってみたり…。

健康や美容のために充実した時間を過ごしています。
毎日の習慣としてやっている事は顔を洗うのと忘れないようにすることと、どんなにしんどくても洗顔とそのあとのケアまではやってから寝ます。
洗顔は強くこするとお肌に刺激を与えてしまうのでそっと洗顔する事と、冷水や熱すぎるお湯で洗わないぬるま湯で洗顔をすることです。

夜と朝の二回ストレッチングをします。
体の血行を良くしたら、デコルテ周辺をよく揉み解して血液の流れを良くして寝ます。
ストレスなどで乱れた自律神経を正常に戻すことでぐっすりと寝られるのです。
それでむくみも解消して、身体全体のホルモンバランスが失われないようにする為です。

食事は、晩ご飯の炭水化物は少なめにしてお惣菜をたっぷり食べます。
朝飯では、しっかり蛋白質をとり、サラダは生キャベツをしっかり噛んで食べます。
野菜から食べてから肉などの蛋白質、最後に糖質を食べるように注意しています。

飲み物も牛乳ではなく豆乳を飲んでいます。
時どきチーズやヨーグルトを食べることで乳酸菌も摂取するよう心掛けています。

2歳児がいると美容に時間をかけれなくなるけど

あたしは目下子育ての最中です。
まだ2歳で大変なので、「美容」にしっかりと時間を割くことは出来ません。
だけど、それをいいことに体重の減量を目指さない女性を見かけます。

ついでに言うと私は太っていません。
朝昼晩の食事も沢山食べます。

ワタシは、「ながら」運動ダイエットをしています。
「ながら」運動ダイエットとは、何かをしながら運動することです。
私がやっているのは、たとえば階段を登る時にかかとをあげています。

それと、何をするのものんびりとやるのではなく機敏に動くようにしています。
あたしが思うに、なんとなく太っている人の動きを見ているとのんびりしている感じがします。
それから一つ作業を終えるたびに腰かけて、休憩します。

更には一息つくたびにお菓子を食べていますね。
わたしはそれなりにやる事をやってからでないと休みません。
休む際は飲み物を楽しんだり多少お菓子も食べます。

その他には、「栄養摂取」。
油物に限らずバランスのいい食事、野菜、魚もキッチリとります。
体型だけでなくお肌も綺麗になります。

その様に配慮した食生活、動作をしていると快便にもなりますし安眠もできます。
わざわざ金銭を使わなくても心掛けひとつでできることはいくらでもあります。
一度自身のライフスタイルを再点検してみてはどうでしょう。

自分がスキンケアでもっとも神経を使っているのは、「保湿」です!
保湿をしないと、肌のトラブルの元にもなりますししみや小ジワが生じる元にもなってしまうこともあります。
わたしはそれが滅茶苦茶怖いので、モイスチュアケアに特に気を配っています。

先ず、入浴後は、速攻で、「全身」にローションを塗ります。
「全身」というところが私のこだわりです。
大抵の方は、顔の潤い補充はきっとしっかりとやっているかと思います。

けれど、ボディのモイスチュアケアにはあまり気を使っていない女性がほとんどなのではないでしょうか?
顔部分には、美容ローションをつけた後、美容クリームをしっかりと塗り込むという通常のスキンケアで終了。
身体には、化粧水の後に保湿クリームを塗りますが、そうする前に、保湿ローションをしっかりとなじませます。

保湿ローションを塗ることで、体用のクリームが染みこみやすくなり素肌をもっちりさせてくれたり美肌成分の効果が高まるという話です。
保湿ケアは基本です。
保湿は、「顔」も2ステップ、カラダも化粧水、クリームとつけてケアしましょう。

加齢とともに皮膚がカサついてきたりシワが増えハリもなくなってきます。
これはお肌に限らず毛髪も一緒です。

若い頃はハリもコシもあった髪が、知らぬ間に痩せ細りそれまでのヘアスタイルに違和感を感じることがあったりします。
頭髪のハリやコシが失われてくると老けて観られる場合もあるため、自身では確認しづらい後頭部ら辺はとくに要注意です。
髪の伸びるスピードも、以前よりもスローペースなってきて美容室に足を運ぶ頻度が減少したりします。

けれど傷みはすすむため、毛の先を切りそろえてセットし直すとパッと見非常に健康的になって印象がよくなります。
頭髪を染める行為を何度もしているとケアしていても傷んでしまい、毛先がパサパサだとだらしなく見えて、結わいても年齢が髪に現れてしまいます。

スキンケアに勤しむだけでなく髪の毛のケアも忘れずに。
乾燥した毛先はヘアパックとかで乾燥を防止し、ボリュームダウンした毛髪は正しいシャンプー選びをして活用することも効果的です。
頭髪をとかすことで潤いも出てくるので、ヘアケアは加齢とともに面倒臭がらずにちゃんとしたいものです。

栄養をバランスよく摂りこむ必要があると聞いてから

化粧水を使用したお手入れにも力を注いていますが、より大事にしている事が食事面だと思います。
栄養価の高い食事を続けていると、荒れていた肌が綺麗になったという経験をしました。

お肌には、1日の食事の中でビタミンCや鉄分・ポリフェノールなどの栄養をバランスよく摂りこむ必要があると聞いてからわたしは食べ物で、魚、お野菜、納豆、ヨーグルト、リンゴをバランスよく食べるようにしています。
りんごというのはビタミンCが豊富で、皮にはポリフェノールをたくさん含んでいます。

ヨーグルトと納豆に関しては、腸内環境を改善し、便通を改善してくれます。
体内の部分に関しては、腸が美容と関係が深い部分だと伝えられていて、美肌のためには腸の役割が重要だと聞きます。
本当にその通りだと思った事があって、便通が悪いと、吹き出物が出来たりしてお肌は荒れ放題でした。

けれども、便通が治ったら肌荒れは嘘のようになくなりました。
それは腸内環境が改善されると便通が良くなり、老廃物を排出する事で血流が良くなるからなのです。
なので、肌荒れも改善され、顔色が良くなっていくのです。

自分自身が美容のために気遣っていることは、まず第一に良質な眠りをする事です。
昔は特に運動なんてしませんでしたがスリムだったし肌に対しての悩みなんてありませんでしたが、仕事をするようになりいろいろと変わっていったのです。
ひとり住まいで自由なので、夜更かしするのが当たり前でした。

食事の量に関しては少なかったのですが体重は増えるしお肌は荒れるしとてもひどかったのです。
それ以来毎日湯船に浸かり早めにお布団に入る。
テレビやスマホは適当に切り上げて、照明についてもリラックスできる間接照明にして、と色々していたら、すごく調子が良くなったのです。
体調が良いといろいろと動くので運動量も増えるし、しっかり睡眠すると肌のコンディションも整ってきます。

眠りって美容と健康にとって基本的な事なんだと強く実感させられています。
あんまり睡眠の質が良くないという方は、二度寝をやめることから始めてみると良いと思います。
二度寝をすると自律神経に不調をきたすので、どれだけ早起きしちゃっても朝だ起きるぞ!と思って動き出す事をおススメします。

20代を終えてから、毛穴部が本当に目に付くようになりました。
近ごろは携帯電話の内蔵カメラも優れていて、ズームアップすると顔の頬の毛穴が目を背けたくなるくらいです。
毛穴状態が雫みたいに目立っていて、サイトで確認したら加齢に伴い弾力が低下しているからみたい。

思えば、エイジングケアなんてまだまだと思っていた二十代半ば。
そのしっぺ返しが、この様に明白にでるなんて思いもしませんでした。

肌の老化対策には「保湿」が重要らしいので、ただちに、潤いを保つローションを使うことにしました。
天然オイルでお手入れしはじめたのも、年齢肌に対抗する為です。
それから、コンスタントにフェイスパックをしています。

じっくりと湯船に入りながらの美容パックです。
おフロ場でフェイスマスクをやると、パックが乾燥しなくて最後まで潤ったまま覆ってられます。

最近は、自身の化粧水で「パック」を行ってますが、入浴後も肌がモチモチです。
美容液の吸収力も上がるようで、お風呂でパックは週3回くらいで続けています。

自分が美肌の為に気をつけていることはたっぷり眠ることです。
ゴールデンタイムと言われる夜10時から深夜2時の間は必ず眠っている時間になるようにしています。
というのもここ最近瞼のくぼみが目立ってきたからです。

まぶたのくぼむ原因はいろいろあります。
年齢を重ねて脂肪が落ちることでくぼんだり、乾燥によるものが原因になったり、目の疲れだったりします。
乾燥などはやはり化粧をしている影響があると思います。

けれども眼の疲れについては携帯電話やパソコンを見続けて眼を使い過ぎたり睡眠不足などが原因となっています。
だからあたしは少しでもまぶたのくぼみがわからなくなるようにたっぷりと眠るようにしています。
小さい子どもが寝る時間の夜の9時には就寝しています。
そうすると朝の5時には目が覚めます。

やりたいことは朝活として行い夜はなるべく早い時間に寝るように心がけています。
朝起きるのが早いと夜もすんなり眠ることができます。
日常の生活習慣からも肌に良いことはできるのです。

就寝時に出ていた全身がビタビタになるくらいの汗

多分更年期障害は終わりかけのはずです。
四十代のころの、就寝時に出ていた全身がビタビタになるくらいの汗は、悪化していた持病と手術後の体の体力の消耗なのか、症状が出る前の関節リウマチが原因なのか、疲れによるものだったのか、更年期障害が原因なのか、または悪霊でも憑いていたのか。

年月が過ぎてみれば、あれは更年期障害が原因の体温調節の衰えかななんて思うのです。
トラバーユしてお休みが増えた現在では、昔の様な凄い量の寝汗と疲れを感じるような事は無いですが、軽く体を動かしただけで汗だくになっているのに感づくのです。
体を動かしているという事ではなく、冷え性体質なのに、体温が上がりやすいようなのです。

こうなるのは更年期の症状というよりも老いた事が原因なのでしょうか。
午前中から大量に汗をかいて不快なのが、衿首周りです。
自宅につくと汚らしい気がするので服を変えるのですけど、首の後ろの方がベタベタしているので、直ちにお風呂に入りたくなってしまいます。

冬でもそんな感じですので、夏は匂うほどなのでたまったものじゃありません。
髪の毛も汗のせいで傷んでしまいました。
もう「おじさんって汗ダラダラで嫌~」なんて言えないですね。

脇の匂いや足臭がするということは幸いないのですが、どっちかといえば沢山汗が出るので汗が出た後の臭いの方が心配です。
出かけた先で歩き回るような場合、汗が出たまま飲食店やデパートなどの冷房が効いたところで休憩して、汗が一度引いた後でもう一回汗が出る。

そういうことを繰り返している時は一回乾いた汗が、また汗をかくことでにおうきっかけを作っている感じがするので結構周りの目を気にしています。
実際の所は前の日に匂いの元になりやすい食べ物(カレーや焼肉、にんにくの入ったメニュー)やお酒を飲まなかったら、周囲に凄い迷惑をかけるということはないみたいです。

本人が気付いていないだけじゃない?なんて思われてしまいそうですが、本当はこまめに確認しています。
汗をかいた後に汗が落ち着いてきたら、人目のないトイレに行って隠れて洋服のにおいを確かめてみたり、耳の後方やうなじに汗をかいたせいで汗が塩みたいになっていないかなど。

実行している取り組みやすい予防としては、汗をかいたらすぐ拭う、可能ならば洗面所で簡単に洗うようにしています。
できるんだったら上の服も着替えたいのですけど、替えの服がニオイの原因になりそうでやれずにいます。
暑くなるにつれにおいが心配になってきますが、ニオイが出てくる前にちょっと処置をしてみましょう。

体臭と聞いて、連想するところって色々あると思います。
ワキとか足とか。
自身の場合は頭が最も気になる場所です。

ずっと前からそう感じていたのですが、自分自身の髪の臭いや頭皮の臭いを確かめるようにしていたのです。
現在でもまくらを嗅いで、チェックしているのです。
髪の毛に関しては、シャンプーやリンスの臭いに消されてしまうので分かりにくいんですけど、頭皮は意外と匂ってしまうものです。

においがいちばんきついのは、汗をかいているときです。
お風呂に入っているとき、夏の太陽にさらされた時、帽子をしていて頭が蒸れている時などは、自分自身でやばいなと思うくらいです。
頭の皮膚って複数の毛穴があるので、汗が出てくるので臭っているんですよね。

髪みたいにヘアケアのにおいでニオイを隠せないので、大変です。
薬局などに行くと、スカルプケア用のヘアケア商品が売っています。
試してみましたが、洗いあがりにすっきりとして良いと思いました。
頭の皮膚をきれいに保って、臭いに気を使わない毎日を過ごしたいと思います。

汗の出方というのは人其々違います。
かく量や場所やにおいや性別・歳・職業によっても変わるし、たとえそれらが同じであっても一人一人の性質でも違ってくるのでしょう。
幼児期はおいといて、若いころは言うほど汗をかく事はありませんでしたがアラフォー近くなったくらいからじわっと汗が滲んでくる事が増えました。

そうなったのにはあるきっかけがありました。
これっぽっちも汗をかかない、とかわずかしかかかないのはカラダの為によくないとTVや雑誌などをみて知っていましたが、二十代の時に湿疹に悩まされて皮膚科を受診した際に、「発汗しない事で身体に熱が溜まってしまっている。それによって出来た温熱蕁麻疹ですね。」って言われて、そんな事ってホントにあるの?とビックリしたのです。

これまでは夏でも汗がにじんできたな~といった程度で、汗が滴り落ちるなんてなかったのです。
これは体質改善をしなくては!と考えて、それ以来出勤する時には徒歩で行くようにしたのです。

すると段々汗をかくようになり、以前にできたじんましんもできなくなったのです。
近頃は汗臭・汗ジミ対策をするくらい汗をかいています。