「お金の管理ノート」書いてみませんか?

お金があると気分もハッピー!
「今日はお金が沢山あるから何か買いに行こう!」「欲しい物全部買っちゃおう!」
そんなウキウキな気分さえ与えてくれるお金。お金が結構あると元気が出る人多いのでは?お金があると性格さえ良くなっちゃうことも!?

でもそんな状態いつまでも続かないのが本当のところ。
欲しい物が買えない時、あといくらかあれば目の前にある欲しい物が買えるのに!
そんな「お金の悩み」をみんな抱えていませんか?

お金に対する悩み、ないという人は世の中にいません。
目の前にいる人あなたの側にいる人みんな!みんな欲しい物を買えずに我慢しているのです本当は。

私は我慢したくない!欲しいものは買いたい自由にお金を使いたい、お金の悩みなんてもうこりごり!
そんな人は、「お金の管理ノート」を書いてみませんか?人って自分の手で書いたりまとめたりすると頭の中を整理出来ちゃうのです。
それをすれば今までしていた無駄買いや急な出費にも対応出来ちゃいます!!

方法はシンプルで簡単♪次の収入までのお金の使い方を区分けしてノートに書くだけ!
それをするだけで本当にお金の悩みなんてなくなっちゃいます。

 

お金を考えるきっかけ

今日は仕事のタスクが区切りについたので、有給もらってゆったり家ですごしていました。
3ヶ月ぐらいの仕事でしたからね~。まあ後片付け的な仕事がまだありますが、区切りということで。

そこでゆったり風呂に入りながら考えていたんですが、やっぱりお金の悩みですよね。

あまりよい話ではないんですが、奥さんのお母さんが去年の年末になくなったんです。
今までひいばあちゃんとか祖父とかはあったりしたんですが、やはりその場合、喪主とかは親とかになり、自分にはならないんですよね。

それが、今回は義理のお父さんだったんですが、高齢で実質奥さんとか奥さんの妹さんとかになり、あまり頼りないので色々とやり取りしたりしました。。
そこでやっぱりお金が一気にかかったんですよね。
質素にしましたが、それでも二桁万円半ば。。しかも妹さん夫婦はお金がなく、私が払うことに。。。
あちゃ~ いて~って。。
もちろん義理のお母さんにはお世話になったんですけど、一人での負担とかは重い・・・
実際にはね。。っていう。。。

いきなりの暗い気持ちで今年が始まりましたが、お金を考えるきっかけにもなりましたのでよかったです。

 

愛だけでは生活できません

どんなに好きな人と一緒になれても、やはり生きていく上ではお金は必要ですよね。
収入が高い人や親から譲り受けている資産などがある人は、愛があれば十分…なんて思うのかな…。

私と主人は小説が書けてしまうような大恋愛をして結婚しましたが、結婚して子供が産まれて間もなく、仕事がうまくいかなくなり、就職しては辞めての繰り返しでした。
私も、子供を保育所に預けて家計を支えるためフルタイムの仕事をするようになりましたが、私としては主人の支え…的に働くのが理想的でした。
現実はそううまくもいかないものです(笑)。

仕事に対する意欲が主人は薄れてきたのか、最近ではすっかり主夫となっています。
子どもも小学生になり、これからが一番お金がかかるというのに、この先もずっと私が大黒柱として働くのかと思うと嫌気がさします。
こんなハズではなかった…と思うのが結婚生活だと思いますが、でも、こんなハズではなかった(笑)

私に余裕がなくなってきているので、主人に対する愛情どころではありません。

良い姿勢をとり続けるのは意外と大変

少し前から美容に関して心がけている事は、良い姿勢をとることです。
正しい姿勢でいると腰痛、ダイエットなど色々な効果があるというのを聞いたことがあると思います。

また、体力がつき疲れにくくなるみたいです。
私自身の姿勢は良くないです。
けれども、私の中ではきれいな姿勢をしていると思っているところがまたやばいです。
鏡に映った自分を見てびっくりします。

それから鏡を見ていい姿勢をとってみても、腰が曲がっているように見えます。
どうしてなのでしょう?

基本的な良い姿勢というのが分からなくなります。
姿勢のせいなのか食生活のせいかのか不明ですが、腰痛もひどいし、お腹は出ているし、疲れもすぐに出てくるので少し歩くだけですぐにくたくたです。
まあお腹は何か物心ついたころから出てるんですけど。

でも、こんなわたくしなのですが小まめに鏡を見て自分の姿勢をチェックしています。
柱に体をくっつけて姿勢を確認してみたり。
先ほども書いたのですが良い姿勢というのがどの姿勢なのかよくわからないので、いままでの姿勢を治したいと思っています。
なにかいい効果が出てきたらまた書きたいと思っています。

昔からひどい便秘症なのですが、それのせいもあり歳をとると共に肌もくすんで、濁った感じで老けた肌に見えると思います。
結局のところいくら肌の表面に高価な化粧水とかを毎日塗り続けても身体の中を整えなくては効果が出ることはないと思うので、朝食に青汁と酵素の粉末をミルクに混ぜて飲むようにしています。

便秘解消には良いと思います。
飲み出してすぐには効き目は見られないものの毎朝続けていくことで冷たい牛乳で腸が目覚め、次第にお通じがよくなっていくのを感じます。
きなこの粉末を更に混ぜるときもあります。

お肌の調子は…というと、便秘が解消されるにつれ口の周りによくできていたプツプツができなくなりました。
また化粧のノリが以前よりも良くなった気がします。
感動的な変化は感じられないけど体の中から次第に浄化されている感じです。

それが精神的にも暗示にかかっているようにメリットとなって現れてきている感じです。
あとは肌のくすみを改善したいので鎖骨周辺のマッサージをしてリンパの流れが悪くならないように注意しています。

大学に入ってから、ファンデーションやマスカラを使って大人の化粧をするようになったので、ばっちりメイクをしたからには、メイクを落とすときもしっかりやらなきゃいけないと気をつけています。
授業が終わって帰宅して、その後また外に出る予定がない時はすぐさま化粧を洗い流します。

メイク落としも、オイルの場合必要な皮脂まで失われてさらにお肌に負担をかけるので、少しでもお肌にやさしくて化粧もきちんと取り除くことができるウォータータイプを使って落としています。
擦らなくても落とせるのでお肌へのストレスが少ないです。

化粧を取り除いた後は、きちんと肌の保湿をするためにわたくしはパックします。
安いローションをコットンパフにたっぷりと含ませて、顔の隅々まで覆って3分間おきます。
3分以上は、却って肌の水分を吸収されてしまうので3分以上置きません。

化粧水パックをしたら、保湿クリームを塗って潤いを封じ込めることで次の日の朝のお肌の状態が良くて、メイクの付きもよくなります。
普段からお肌を焼かないようにUVケアもしっかりすることで、シミなども出来ないようにしています。

日常的に用いる基礎的な化粧品やメイク用品に気を遣う事も大事ですが、身体の中を綺麗にしないといけないと考えています。
便秘症で困っている方はかなりいるようです。
便通が悪くて何日か便通がないと、下っ腹がポッコリしてくるし、体内のいらない物質が溜まって肌がくすんだり、調子が悪くなる気がします。

それで腸内環境を整える為に少しばかり実践していることがあります。

一つ目は夜ごはんがすんだら「温かいヨーグルト」を食しています。
100グラム程度をお皿に盛り、500ワットのレンジでチンするだけです。
ホットヨーグルトにするとビフィズス菌増加作用があり、整腸にとてもいいのです。
夜に食すというのも大切な事なんです。

二つ目は、入浴時にお腹全体を手で回すようになぞります。
これで腸を刺激します。
寝起きに150~200ccくらいの水を一度に飲むのもいいそうですよ。

それでも難しい時は、オリーブオイル納豆を食します。
これは本当に効きます。

納豆のタレを入れる前に「オリーブオイル」を少々投入してぐるぐる。
そうしてから醤油などをいれて、後はいただくだけです。
すごく簡単ですし、おススメですよ。

心も体も安らいだ状態で寝る事がポイント

肌状態は、どのくらい快眠出来ているかで違ってきます。
ですがただ寝ればOKってことではないのです。

眠りの質が悪いと、くすみやニキビのような皮膚トラブルを招きやすくなります。
快眠を得る為にはとにかく、心も体も安らいだ状態で寝る事がポイントになります。

最初に心身ともにリラックスした状態にするには、交感神経を鎮め、副交感神経を上げないといけません。
わたしがリラックスした状態にするために実行していることは、まず時間を掛けてお湯につかる事です。

この時お風呂が高めの湯温だと交感神経が優位になってしまうので、40℃以下の温度設定にしています。
それとお風呂から出た後は、適度な柔軟ストレッチを行い、より身体をリラックスした状態にするようにします。
精神を落ち着かせるためには、照明を暗くしたり、アロマを楽しんだりします。

そういった方法で睡眠の質を高めるようにしたら、スキンコンディションが良くなりました。
心と体の緊張をほぐして寝ないと、寝つきが悪かったり、熟睡できなかったりするので、眠りの質が悪くなってしまいます。
お肌の荒れを感じたときに、スキンケア用品に頼る美肌術を試みることも大切ですが、やっぱり眠りの質を気をつけることも重要です。

美容って何?って考えたら、肌荒れの問題がはじめに思い浮かびました。
わたしは、便秘症で、体内の老廃物を出せていない事が原因だと思いました。
まず取り組んだ事は、一般的に言われていることなのですが、食物繊維をたくさん摂ることです。

そして、食生活を改善させるだけでなく、他のやり方もないかと探してみたら、体が歪むと腸の動きも悪くなり、便秘になってしまうと知りました。
体の歪みをよくしてもらうには整体院です。
近所の整体院を調べてみたのですが、治療するのが男性だったり、一番に私自身は極度のくすぐったがりなので、なかなか相性の良いところが見つからなかったのです。

なので友達から教えてもらった、女の先生にしてもらえる整体院に行くことにしたのです。
無理に揉みほぐしたり、そんなにくすぐったい感じもなく、さらにセルフでのケアの方法まで教えて下さる、優しい人です。
美容に効果的だからと始めた事が発端ですが、結果は体調も良くなったので、大満足です。
自身の経験で思ったのは、美容というのは体の中から健康になることだと感じたのです。

美容のために行っている事は普段からきちんとした毎日を送ることです。
早寝早起きはもちろんのこと、外でのお食事とかお惣菜などは、なるべく摂取しないようにして野菜中心の健康的なご飯を自炊することにしています。

朝のご飯は複数の野菜やくだものを小さめに切りミキサーで作ったスムージーを飲むのも忘れません。
カルシウムやビタミンなどもたくさん含まれているし、同時に酵素も摂れるので飲むとキレイなお肌が手に入ります。
このヘルシースムージーを飲みだしてから、長い間悩んでいた便秘も解消されました。

他にも人の体というのはほぼ水分でできているので、一日に一リットル以上の水分を摂取して老廃物を排出させるようにしています。
水素水が良いと思います。
水素水は抗酸化作用が高くエイジングケアにも期待できるのです。

近ごろではネットやコンビニでも水素水が買えるようになったので、普通の水を飲むのなら極力水素水にしています。
日頃から「美」に配慮した生活に変えるだけでかなりの効果があると思います。

夜中まで遊んで帰ってきても化粧も落さず寝ていたあの頃

あたしはけっこう適当な性格です。
そんなわたくしが美肌のために心掛けていることは2つだけあります。

一つ目は、メイク落とし。
化粧水やミルク、パックなどあっちもこっちもと一通りやるのは苦手です。
ですが、絶対にクレンジングは、毎日確実にじっくり時間をかけてメイク汚れをきれいに落とすことを頭においてやっています。
うら若き頃は、夜中まで遊んで帰ってきても化粧も落さずそのまま寝てたりしました。

だけど、加齢とともに肌質も次第に変わってきて今はそんなことをする勇気はありません。
もとより化粧水で水分補給してあげることも大事なことですが、肌は呼吸しているので、やはり丁寧にメイクをおとして呼吸できるようにすることがいちばん大事なことだと思います。

次に2つ目は、睡眠です。
これまでは、金曜日にはよく飲みに行ったり夜更かしをすることもあって、休日になるとゴロゴロしたりしていました。
でも、母親になってからすごく健康的な生活になりました。
基本的にしっかり眠らないと身体の調子を崩す方でした。

しかし最近は、夜10時就寝、7時起床の生活リズムで動いているので、身体もお肌もよろこんでいると思います。
メイク落としと十分な睡眠は、誰でも、無理なく続けられることだと思っています。

スキンケアを心がけるような生活はしていませんでした。
子供の頃からフェイスウォッシュだけは欠かさず行っていましたが、その他は特別な事はしていませんでした。
薄化粧な上に、出勤前に、メイクしたらあとはそのまんまなので、友人たちには「朝顔さん」とあだ名を付けられるほどで、ですが、このあだ名も良いと思っていました。

「異常気象」などと呼ばれ、気温が高くなり始めて久しいですが、日に当たると肌がヒリヒリするようになりました。
で、これは良くないぞということで、日やけ防止剤を利用するようになりました。
ですが殆ど効かなくって、「真夏でも保湿ケアをしないといけないんだ」と知るまで少々時間を取られてしまいました。

冬は素肌がごわつくので乾いているのに気がつきやすいですが、夏場もお肌は水分不足だったのです。
美容化粧水と美容乳液は夏場は仕上がりの軽いもの、寒い季節はたっぷり潤うものと使い分けていますが、そこは替えないで、夜毎栄養保湿クリームで潤い補給をするようにしました。

朝は目もと、口もと用の小皺に効き目があるケアアイテムを試しています。
皺は「年齢的なものだから」と放っていましたが、保湿をしないと今以上に皺が多くなりそうだと思ったからです。

やればやっただけの効果があるというか、それらのケアで紫外線の刺激も感じにくくなり、お肌に潤い感が出来てきました。
「おばさんだから」と投げやりにならずに色々と試みた方がいいんだな、と再認識しました。

わたくしは20代後半から肌のクスミが気になって、今でもくすんだ顔が気になって仕方ないのです。
他にも目のくまが気になっていたら、「それはクマではなくてシミ」と指摘されました。
今まであちこちのエステにも通ったし、色んなコスメ用品を使って何度も試してきました。

けれどもいずれもわたくしの肌には合わなくて、サロンは良かったのですが料金が高くて行けずじまい…ちょっと前までかなり困り果てていて、でも化粧品がダメなら他に何があるんだろうと考えたら、サプリメントを飲むのはどうだろうと思ったのです。
だからドラッグストアに足を運び、色々なサプリメントを眺めていると、あるサプリメントが…それがリラックスナイトでした。

自分は今まで寝付きが悪い方で昼間に眠くなることがあって病院で薬をもらったくらいでした。
リラックスナイトは寛ぎを応援してくれるサプリメントで、品名通りに、心が休まって熟睡できるのかなぁと思ってどういう結果になるか不安でしたがとりあえず買ってみることにしました。

第1日目は効果わからず・・・けれども止めずに飲み続けようと思って、一週間後。
2週間目になると驚き!よく寝られるようになりました。

その上朝の目覚めも良くて、お肌の状態もすこぶる良くて、クスミはそのままなのですが、ファンデの馴染みも良好です!
美容のためには質の良い睡眠が大事だと知って、最近ではわたくしには欠かすことができないリラックスナイト。
良い眠りが私の美容に大きく関係しています。

僅かな人生経験から思うのですが…悩みを抱えているとお肌が荒れるのです。
それも、1つや2つの出来物どころではなく、あごとか頬に大量にできてしまうのです、それがまた悩みになって、一向に治らなくて、負のスパイラルに陥ります。

会社に行くのがイヤで悩んでいたころがあるのですが、その当時はメイクでごまかすこともできないほど顔全体にぽつぽつとできてしまって、笑顔になろうとするとほっぺたがピキピキと痛くなるほどでした。
その頃は精神的にも参っていたなと思います。
重度のデキモノが何度も何度も同じ位置にできたら治らなくて、結局そこは現在も痕になって残っています。

やっぱり肌のぶつぶつで酷い部分を見る度に当時のことを思い出して辛い気持ちになります。
「どうしてこんな職場にいつまでも居たんだろう」って(笑)現在は心配ごともなくなって、だんだんお肌の荒れも治ってきています。
悩み事のない生活を送ることはけっこう難しいことだと思います。

ある程度のストレスは脳に良いなんてことも言われます。
けれども、やっぱり過剰なストレスは抱えたくないです。

女の子磨きの話題になると第一に取り上げられるのはやっぱり容姿をキレイにする事。
実際にその事も必要ですが、自分は心をみがく方がよっぽど大事という考えです。
個性は個性としてそこを上手く使って短所を長所に、そうして平等に思いやりを持った振る舞いができる愛される女性になる事こそ女子力アップに繋がると思います。

女の人らしさって矢張り気が利いて上品で、その上いつもニコニコしている女子かな。
その為誰にでも笑顔で優しい人はおのずと女っぷりとかも向上していく気がしているのです。
このところは却ってクール系女子の方が流行ってるようですが、あたしはそれは男っぽく思えます。
それはそれでかわいいのですが・・・。

メンタル面をさらに磨いて、続いてルックス等をチェンジしていく事にすれば楽チンだし、自分自身にマッチしたスタイルとかも探しやすいはずです。
自分もいまだに女子力を高め中ですが、ソフトな感じで女性らしく接するときっと周囲の人も好感を持ちますし、私自身もそういった感じできてくれたら「女度高い!」と感心しちゃうので、オススメします。

参考:結婚式ムービーが間に合わない!おすすめの特急対応業者を教えます
URL:https://www.justweddings.biz/

美容といったら健康的な体作り

美容に関して考えた時に、お肌の問題が初めに気になったのです。
私の場合、お通じが悪く、老廃物が溜まっている事が原因だと思いました。
まず最初に取り組んだ事は、よく言われている事ではありますが、食物繊維をいっぱい食べる事です。

さらに、食生活の改善だけでなく、他にも方法はあるんじゃないかと探してみたら、からだが歪んでいると腸の働きが悪くなって、便通が悪くなるという事がわかったのです。

骨盤が傾いているのを治すためには整体院ですよね。
家の近くにある整体院を調べてみたのですが、治療をしてくれるのが男の人だったり、私自身は凄いくすぐったがりですので、なかなか相性の良いところが見つからなかったのです。

ですので知人におススメされた、女性の施術士さんが開業している整体院に巡り合いました。
無理に揉みこむ事も、それほど擽ったいと感じることもなく、その上セルフでのケアの仕方も言ってくれるような、凄くいい先生です。

美容の為とやりだしたことなのですが、最終的に健康的になれて、始めてよかったです。
私の経験からですが、美容といったら健康的な体作りだと感じたのです。

テレビ番組を楽しむのは適当にしてなるべく出掛けるようにしたのです。
自ら出掛けなかったら老け込んでしまうからです。

家の中にばかり居たっていい事なんて無いですもんね。
安全なのは確実でしょう。
だけど、安心安全な生活では刺激を受けることがありません。

刺激は身体と脳を若返らせる為に必要です。
普段から刺激を受けない生活だと気が付いたら年齢が上がっていて驚いてしまいます。
毎日が繰り返しの生活だとこんな事になりかねないですよね。

毎日毎日同じように働きいつもの時間に業務を終え同じ道順で家に帰る…といった毎日だったら老けるのは早いです。
時々でいいので別の仕事をしてみたり自宅への帰り道に入った事がないお店に行ってみたり、いつもと違う刺激を受けるのも大事だと思います。

こういうことが美容に関係してくるので、極力外出して新しいことを見たり聞いたりするようにしています。
簡単ですが意外と効果がありますよ。

皆さんは日々葉野菜や根菜を摂っていますか?

朝はパンとコーヒー、昼間はコンビニのお弁当、夕食は女子飲みで油物、思えばそれほど野菜類を摂ってないなぁというようなことはないですか?私の場合結構な冷え症で、夏季でもオフィスのエアコンが強烈で、カーディガンと膝かけが欠かせませんでした。

加えて体の調子が悪くなる事もしょっちゅう。
なんとなくしょっちゅう通っている食堂でそんな話を店主さんとしていたら、あんまり野菜を食べてないのが原因かもと、特別にスープを食べさせてくれました。

ブイヨンで作られた「野菜スープ」のなかに、葉野菜から根菜までゴロゴロ入っており、本当に血行が良くなった気がしました。
しかも翌日の「お通じ」がバッチリでした。
思えば野菜などをほとんど食べておらず、便秘気味だったんです。

ゴハン屋さんであの話題にならなかったら、体調不良は治らなかったでしょう。
生活に追われているとゴハンも適当にしてしまうなんてよくあります。

でなければ食べなかったり…。
健康の為にも、明日からお野菜のある食卓を目指しましょう!

お金との付き合い方は永遠のテーマ

お金がなければ、人は生きていくことができません。
特に日本のような豊かな国では、金銭のやり取りが頻繁に発生します。
何気ない日常の買い物、携帯電話での通話やメールなど、思わぬところでお金の浪費をしてしまうこともあります。

現在は社会も不景気で、就職先が見つからないフリーターの方々も大勢います。
さらに増税の煽りを受け、低所得者やその家族たちの生活は悲惨になりつつあります。
そんな困窮している状況だからこそ、将来を考えた貯金を考えなければなりません。

そのため最近は保守的な考え方が広まり、できる限り節約し、余ったら貯蓄するというスタンスを取る人が増えてきています。
しかし全員が節約に徹してお金を使わなくなると、今度は経済の方が回らなくなります。
日本は多額の負債を抱えているため、国民がお金を使わなくなると日本の存続は難しくなります。

このようにお金の問題は、非常にデリケートで難しいです。しかし未来を切り開くためには避けては通れない問題でもあります。
だから、個人個人が自身の家庭を守りながら、お金に困らない生活を送れるように努力する必要があると思います。

 

お金の使い方が下手な世代?

お金の悩みは尽きません。特に子育て中はいくらあっても足りません。
地方に住んでいると景気回復の実感はまるでないのに、生活費・教育費は上がる一方のような気がしています。
食費・光熱費を節約して料金を減らそうと努力はしていますが、それをしたからと言って生活が楽になるわけではないのです。

お金の使い方が上手な人がいます。
我家よりも収入が低いのに、あちこち旅行に行ったりしてる人。
コツはなんだろう?

私は現在51歳。20代の頃はバブル真っ只中!
ブランドの服にバッグに靴を身につけ、皆当たり前のように海外旅行をしていた時代です。

ところがバブルが弾け、そこからは年月が経つごとに景気は悪くなり、以前のような生活はできなくなってしまいました。
けれども、一度味わってしまった楽な生活を、不便な生活に戻すってなかなかできないんですよね。
ですから、もしかすると私達世代が一番お金の使い方が下手なのかも。
今の20代~30代の人達の方がお金や物を始末する習慣が自然に身についているのかもしれませんね。

 

子供にお金がかかる

子供が二人いますが、すごくお金がかかるので悩んでいます。
私は手取りで月20万円のお給料、旦那さんのお給料もそれほど高くはありません。

子供は二人とも男の子なので、びっくりするほどよく食べます。
お米を焚く量もすごいですが、彼らが好きなメニューを作ると、私と旦那さんが食べる分もないほど、食べつくします。

私が働いているので、家でちょっとしたおやつを食べ、夕飯の19時半まで待たなければいけないかもしれません。
とにかく食費にかかるお金が膨大で、全然貯金ができません。

そして、性格のせいか、子供二人ともよく物を失くすのです。
買うたびに「失くしても、次は買ってあげないからね。大事にしなさい。」といつも言っているのですが、自分のゲームは失くさないのですが、自分の靴を川に投げてしまったり、学校の筆箱をボール代わりに失くしたり、ないといけないものを失くすので買わなければいけません。
どうにかして子供にかかるお金を減らしたいですが、なかなかいい方法が見つかりません。

 

クレジットカード決済について

毎月、お金をどれくらい使って、どれくらいの収入があったのか、ということをチェックしておくことによって貯金をすることができる、というインターネットでの記事を読みました。
収支をチェックすることによって無駄を省くことが出来るのは事実だと思います。
クレジットカード決済を利用するにしても、毎月どれくらい使っているのか把握をしなければ、赤字にもなってしまいます。

使ったら使った分だけ、オンラインの家計簿に入力をしているのですが、明らかに収入よりもクレジットカードに使用金額のほうが上回ってしまうことがあります。
出来るだけ気を付けてはいても、イベントがあったり、冠婚葬祭があるとどうしても計画的にお金を使うことができなくなってしまいます。

クレジットカード決済ではなく、コンビニ支払などで現金決済をすればいいのかもしれませんが、そうなるとクレジットカードのポイントも付かなくなってしまうので、買い物そのものをやめなければいけないのかと思うと、かなり落ち込んでしまいます。
収入が下がるというのは、惨めな生活になるということなのだと実感しました。

毎日何回か笑おうと決めています

毎日笑うことが私の健康法であり気をつけていることです。私は黙っていると怒っているような顔をしているみたいで、ちょっと黙っているだけで「なにか怒ってるの?」とよく聞かれます。あまりにもこう聞かれることが多くてだんだん自分の顔が嫌いになっていました。

昔は自分の顔が好きだったのに、ただ黙っているだけで怒っていると勘違いされてストレスが溜まります。それが原因で人間を嫌いになりかけました。誰とも会いたくないと家に引きこもったこともあります。人混みへ行くのが怖くてどうしても買い物に出なくてはいけないときはマスクをつけました。

マスクをしていれば「怒っているの?」なんて聞かれません。今もそうですが家から出るときは必ずと言っていいほどマスクをしています。こんな私なので不健康になりがちなんですが自分なりに楽しいことを見つけて1日何回か笑おうと決めています。

笑う健康法がありますが笑うことで自分が変われるような気がするのです。

食事は胎児の発育にかかわるから気をつけた

妊娠中に気にしていたことは、食事です。
妊娠初期の頃には胎児の発育を妨げるような物は全て避けていました。
海鮮類やカフェイン類を特に気にしていました。

それでも友人とかと食事に行く時には、妊娠初期であるから妊娠していることを告げることが出来ずに、食べてしまうこともありました。
あまり気にしすぎも良くないとは思いますが、食べないで避けることで安心できる部分もあります。
つわりで何も食べられない時は、とりあえず好きな物を好きなように食べていました。
つわりは徐々に収まっていき、それに伴って食欲も出てきました。
つわりが終わったから沢山食べれる訳ではなく、つわりで減った体重からその後の体重増加率が計算されるので、1回目妊婦検診を受けた12週から体重管理は始まりました。

なるべく和食の物を食べて、自分で作るように頑張りました。
最初の頃はめんどくさがって、買ってきたお惣菜なども食べていましたが、必要な栄養素が摂れないのとカロリーが高い事に気付いて、時間はかかるが自分で作ることにしました。
今まで作ることのなかった料理にも挑戦することが出来たので、妊婦期間の時間がある時に料理をやっておいて良かったです。

妊娠中に気をつけていたことは、初期から臨月まで一貫して太らないことでした。
とにかく、検診のたびに言われることは「太らないように」ということでした。
むしろ?せるぐらいでいいとまで言われたのですが、妊娠する前の基本的な体重は56~57キロでした。

身長は165センチなので?せてはいないけれど太ってもいないと思うのですが、先生からは「その身長でも体重多すぎ」と言われました。
これにはちょっと今でも納得いきません。
というのも、マラソンをしているので見た目決して太っていないと思うのですが、体重は55キロ前後あります。
筋肉があるとどうしても体重は重たくなるものです。

でも、その当時は妊婦ゆえ先生の言うことは絶対です。
太らないように食事は控えめ、2時間くらいかけてゆっくり散歩をするなど日々運動を取り入れていました。
その努力のおかげか何とか体重増加は9キロで、1カ月もせず元の体重に戻りました。

その時に先生の「ダイエットするぐらいの気持ちでちょうどよい、自分のためですよ。」と言った言葉の意味が理解できました。
産後ダイエットは必要ありませんでした。

結婚が遅かった娘は、結婚する相手がいない時から子供を欲しがっていました。ようやく今年結婚したのですが、それを機に仕事も辞め婚活宣言をしました。

おおざっぱな彼女からは考えられないこと、排卵日を知るために基礎体温をつけ始めたと言ってきました。本気か、とちょっとうれしく思いました。年を取ると出産のリスクが高くなるのは聞いていましたから。
体温が高いとか、低いとか、暇なものだから細かく報告してくるので、どれだけ子供早く子供を授かりたいかが痛いほどわかりました。

2か月ほど経ったある日、「胃が気持ち悪い」と電話があり、これは…と期待しましたが、そうではなく、その後も胃の不快感が続いたようです。次の電話が胃カメラで調べるというものだったので、本当にびっくりしました。ストレスか食べ過ぎくらいにしか思っていなかったからです。

その結果、「ピロリ菌に因る鳥肌胃炎」と診断されたそうです。それよりもショックだったのはピロリ菌を除菌するまで妊活は禁止されたことだったようです。ピロリ菌の除菌薬は一週間だったそうですが、3か月後の検査で除菌が確認されるまでダメとのことでした。

それでも娘は治った時のために、基礎体温を計り続けると妊活に燃えています。その間に風疹のワクチンも接種しておく、と前向きです。
結婚すれば子供ができるのは当たり前と思っていましたが、娘の落胆ぶりに改めて子供は授かりものだと思いました。

便秘解消のためにどくだみ茶を飲んでいます

私は、元々冷え性、便秘性の体質で20代の頃から悩んでいました。週に一度出れば良い方で、いつも、お腹がキリキリした痛みや、立ち仕事をしていたせいか、足も浮腫みがちでした。

特に、元々の体質だったので、特別何かしようとは思っていなかったのですが、30代で長女を出産した後から、重度の生理痛、腰痛に見舞われて、生理が来るたびに痛み止めを飲んでも辛く、2、3日寝込むのが当たり前になってしまいました。

同時に、便秘もますます酷くなり、特に左側の腸が捻れるくらいの痛みを感じる様になりました。
最初は、婦人科系の病気かと思い、病院に行ってみたものの特に異常はなく、便秘で子宮と腸が圧迫されているのが原因ではないかと言われました。

食物繊維や水分を多く摂ってみてもなかなか改善されず、辛い日々が続きましたが、どくだみ茶が冷え性や便秘にも良いと知人から聞き、試しに飲んでみることにしました。
飲み始めは、少し薬臭い味がして苦手でしたが、飲んでいくうちに味がくせになりました。どくだみ茶には、便を軟らかくしてくる効果もあるそうなので、以前に比べ少しお腹の痛みもらくになりました。