年齢を重ねたからこそより美しくなる女性だってたくさんいる

年齢を重ねても女はいつまでも女です。

年をとったからといって美しくないわけではありません。

逆に年齢を重ねたからこそより美しくなる女性だってたくさんいるのです。

綺麗になるためにはそれなりの時間が必要…自分は常にそう思いながらきれいになるために頑張っています。

一足飛びに若さを保てる人などそう多くはいません。

プロの美容師さんを雇いでもしなければ若さをキープすることは難しいことでしょう。

わたしの場合は自分で自分のケアをしています。

美容室が好きではないので行っても一年に一度行くか行かないか…。

美容室でスタッフに気を遣いながら鏡の前で自分の姿を見続けるのが苦痛です。

気を遣って時間も取られているのにその結果お金を払わなきゃなんて意味がないです…。

それだから髪の毛は自分でカットして、髪染めもほとんど自分でやっています。

できないところは家の人にやってもらうのでカットも髪染めも不満は全くありません。

自分で自分のお手入れをしているとよりきれいになれる気がしますよ。

美容関係で配慮していることは、食事管理とスキンケア、「自分時間」を持ってストレス解消をはかることです。

食事内容としては、美肌には欠かせない発酵させた食べものやフルーツ類をとるように心がけています。

日ごろからキムチやプレーンヨーグルトをとり入れるようにしたり、みそ汁は毎日1杯は食べるようにしています。

甘酒も今は自家製にしたりして愛飲しています。

果物は一家揃って好物なので、常に常備して、好きなゼリーにして食べたり、旬の果物は、自家製ジャムをこしらえて、パンにのっけたりしています。

それから、エネルギー代謝も良くなくなってきたので、体脂肪がつきそうな牛乳は無調整豆乳に切り替えました。

顔のしみや小皺も非常に目立ってきたので、モイスチュアケアが出来るスキンケア用品をいくつも試みています。

精神的ストレスも「美容の大敵」なので、自分の時間がもてるように色々と工夫して、好きな読書の時間にあてたり、雑貨屋めぐりや庭のお花の世話をしたりして、なるべく精神的に元気でいられるように、のんびり出来る時間をいくらかでも設けるようにしてます。

三十代も後半になるとお肌の悩みが絶えず、若かった頃のように何もする必要がなかった時期は過ぎました。

何よりもわたしが気を付けているのは、紫外線防止対策です。

紫外線に当たると強い刺激を受けて、お肌が乾燥し、そのことがしみやシワ、ソバカスとかを作ってしまうのです。

天気の良い日は言うまでもなく、曇った日でも紫外線を浴びることになるそうです。

そして、紫外線が強い時期の5月から9月頃だけじゃなく1年中日焼け止めを使用しています。

ベースやファンデーションも紫外線対策がされているものを選んで買うようにしています。

今では子供も成長して、だっこをすることも無くなったので外出時には帽子に日傘を差して一貫して紫外線対策をしています。

つい先日、UVカット効果のあるサプリメントがあったので購入し始めました。

体の表面は化粧品や帽子でUVケア、中側はUVカットに効果のあるサプリを飲んでいます。

これからの自身の肌の為に後悔することが無いように、今できることはやってみようと心に留めています。