肌が乾燥してしまう冬だけ保湿に注意するという人もいる

私は保湿に関していちばんに気を付けています。
いつも保湿をしている人もいるかと思います。
しかし、湿度が低く肌が乾燥してしまう冬だけ保湿に注意するという人もいるのではないでしょうか。
わたくしは夏でも冬場と同じように手間を惜しむ事無く保湿するようにしています。

なぜならばエアコンでの湿気が少なくなっているからです。
夏の時期はじんわりと汗をかくのでべたつきがちな人は多いと思いますが、いつもクーラーに当たっていた場合頬やおでこは乾燥してきます。
ですので、夏は頬などを中心に保湿します。

冬の時期は保湿をしっかりとしていないとしわの元になってしまうので、目じりやの口周りを重点的に保湿しています。
他にも年齢が進んでくると眉間やおでこのシワなどが出てくるのでその部分も重点的に行います。
手ももちろんクリームを塗って保湿するのですが、手首に関してもちゃんと同様に塗るようにしています。

寒い冬は足首にもクリームをぬります。
思ったよりも足首という場所も乾燥しているし、放っておくと足首にもしわを作ってしまいます。
とにかく乾燥をしてしわの元をつくらないように気遣っています。

食べる過ぎると内臓に負担がかかってしまいますし、カロリーを摂りすぎてしまう事になるため、しないようにしています。

多くの栄養を偏らないように摂るのは大切なことなのですが、たくさん食べてしまうと消化に時間がかかってしまい、肌荒れやむくみ、体重増加などの元になってしまう事もあるので、少しでもバランスよく栄養素を摂りたい場合は、少しずつ、沢山の種類の物を摂取するように、量とバランスに気をつかいます。

有機食品は、野菜は皮も食べる事ができるので料理に活かし、量も栄養も多く摂れるので、少しの量で満足感のあるメニューにすることができます。
採れたてで新鮮な野菜の本来の美味さも追及できるので、切って盛るだけのサラダにしたり、素揚げして塩で頂いたり、素材本来の味を楽しむ献立になります。

このような食材を使うときはスーパーで手に入れることも可能ですが、お気に入りのカフェへ出かけて食べたり、お持ち帰りのできるショップを利用したり、出来る範囲で取り入れるようにしています。

美肌の敵、紫外線。
夏場の外出時は言うまでもないですが、冬に家の中にいる時も、絶対に顔にはサンスクリーンをぬっています。
することがなくて、すっぴんで家でゴロゴロしているときも(普段はそんな事は少ないんですよ。)日焼け止めだけはしっかり塗るようにしています。

家の中にいても、紫外線は知らない間に浴びてしまっているのです。
窓の近くは時に危険なんです。
光をさえぎるカーテンを常時閉めたままにしておけば紫外線はかなり防ぐことが出来ますが、晴天で気持ちがいい時にカーテンを閉めて過ごすというのは、いかがなものでしょう。

だからわたくしはカーテンでの紫外線対策をあきらめて(笑)
日焼け止めを塗って対策しているのです。

紫外線を浴びすぎると、しみとかしわ、ソバカスなどのもとになるので、日焼けしないようにするのは美肌をキープするためには必要です。
夏の時期は、頻繁に日焼け止めを塗れるように、スプレー式の物を鞄の中に入れて持ち歩いています。

スプレーやパウダータイプの物は、ファンデの上から紫外線対策ができて手軽です。
わたくしはメイク直しの最後に、シュッとしています。
楽ちんです。