今では実感している「薬より養生」という言葉

全身美容と言ったって沢山の種類があります。
お顔、からだ、肌を美しく整えることなんかが連想されますね。
○○歳はお肌の曲がり角、○○歳はスタイルが崩れ始めるなど、女性にとっては、こういう言葉が、年齢と共に頭の痛い問題になってきます。

肌を美しく整える方法は、美顔器、美容化粧品など多くのケアアイテムが種類も豊かに店頭に並び、あれこれと使っている女の人もかなりおられるでしょう。
体も同じようにサプリメントやダイエット器具を利用しがちになります。
長年、あれこれやってきて、たどり着いたのは、とにかく「日々の習慣を整えること」です。

「薬より養生」なんて言葉も今では実感しています。
いつも、同じ時間に朝御飯をいただき、昼飯、19時までに夕飯と続きます。

それと、たっぷりの睡眠です。
それにより疲労回復が早くなったのです。

肌の調子も上々です。
一番重要なのは、夕食のタイミングです。
早めに食べておけば眠るまでに、どんどんとカロリー消費され、同様の食事内容でも、からだが太りにくくなります。

美容にこだわるのなら、時間を味方につけるのが大切なのです。
日々の、お洋服。

洋服をおしゃれに着こなしたい。
着こなし力をアップさせたい。
センスが悪いなんて周りに思われたくない!そういう風に常に思います。

何かを間違えたら仮装ですからね。
洋服ってとっても奥深いんです。
けどおもしろい。
という事で普段から色々と気を付けている事があるのです。

例えばファッション雑誌を読んで今年のトレンドをチェックしたり自分を鏡でみてどういったスタイルのファッションが合ってどの色が自分に合うのかなどを自分の見解で確認しています。
着こなしの上手いタレントさんのブログやコーディネートアプリも見て勉強しています。

街に出て、いろんなものをみて触れて感性を磨いたりするのも勉強になるので日々気にかけています。
友だちとトレンドファッションに関してコミュニケーションをとったり、友だちに教えて貰ったりする事なんかも、本当に為になります。

些細な事も気に掛けていれば無駄な努力ではないと思います。
続けていれば必ず報われます。
今よりも着こなし美人になれたらいいなと思います。

容姿の「美」を求める以前に内的美を養う事に力を入れています。
効果的な美容術は全部取り入れたくなるけど、あれもこれもと手を出してみたってどうにかなるものでもありません。
そういった考えもあるので、先ずは内面的魅力を上げようと努力しています。

内面磨きの一つとしてこの頃は他人に対してイライラしないようにしています。
ぶっちゃけ人と接するのが不得意で一人でいる方が楽だと思っています。
だけど結局人は一人では生きていけないので思いやりが持てるよう頑張っています。

自分から「おはよう」と言うのも最近ようやくなれてきました。
それまでは目を見て挨拶なんて不可能に近かったですが、この頃は適度な距離感を持って笑って挨拶程度のことは出来るようになりました。

これを続けているだけでも大進歩なんです。
柔らかい表情に変わったことで見た目も変化してきたと友人から結構褒められたりもします。
これはかなり嬉しい変化なのです。