お金との付き合い方は永遠のテーマ

お金がなければ、人は生きていくことができません。
特に日本のような豊かな国では、金銭のやり取りが頻繁に発生します。
何気ない日常の買い物、携帯電話での通話やメールなど、思わぬところでお金の浪費をしてしまうこともあります。

現在は社会も不景気で、就職先が見つからないフリーターの方々も大勢います。
さらに増税の煽りを受け、低所得者やその家族たちの生活は悲惨になりつつあります。
そんな困窮している状況だからこそ、将来を考えた貯金を考えなければなりません。

そのため最近は保守的な考え方が広まり、できる限り節約し、余ったら貯蓄するというスタンスを取る人が増えてきています。
しかし全員が節約に徹してお金を使わなくなると、今度は経済の方が回らなくなります。
日本は多額の負債を抱えているため、国民がお金を使わなくなると日本の存続は難しくなります。

このようにお金の問題は、非常にデリケートで難しいです。しかし未来を切り開くためには避けては通れない問題でもあります。
だから、個人個人が自身の家庭を守りながら、お金に困らない生活を送れるように努力する必要があると思います。